2014年08月03日

巻頭の谷川先生の詰将棋 将棋世界7月号(2)


将棋世界 2014年 07月号 [雑誌]出題
将棋世界 2014年 09月号 [雑誌]解答

問題
世界2014-7.jpg
6/8 25銀→同玉→16金
         35金
         15金
         14銀
         16銀

25銀同玉のつぎの手はこの5通りか
そして3手目16金と16銀は同玉で最初に戻ってしまうので候補から外す。

金を温存して
まずは14銀から
25銀-同玉-14銀-同玉-15金-23玉-32銀-同玉-33銀-41玉-42桂成 詰!
すんなり詰んだようだが11手は短すぎる。
今までの傾向からいっても少なくとも20手前後はかかるはずである
思い直して途中の変化を考える。32銀の後34玉はどうか

25銀-同玉-14銀-同玉-15金-23玉-32銀-34玉-44角成-同玉-55銀-33玉-23飛-34玉-43飛成 詰!
なんとまた詰んだけど、15手だこれもダメだろうな。
55銀の後45玉で詰まないようだ。

6/9  ここまで来たら次は3手目14銀以外の手を考えるべきなのだろうが

なぜか14銀の後34玉はどうなるのかが気にかかる。

25銀-同玉-14銀-34玉-44角成-同玉-55金-....これは詰みそうだ。

ということは14銀には同玉が【必然】ということか
偶然と必然―現代生物学の思想的問いかけ
同玉のあと23銀はどうか
25銀-同玉-14銀-同玉-23銀-25玉-15金 詰!
25銀-同玉-14銀-同玉-23銀-同玉-32銀-34玉-44角成-同玉-55金-53玉-43飛-52玉-41飛成-53玉-43竜 詰!
17手で詰んだようだが途中、55金のあと33玉あるいは34玉で詰まない。

6/11 ここまでのまとめ

25銀-同玉-14銀-同玉-15金は 23玉-32銀-34玉-44角成-同玉-55銀-45玉 不詰

25銀-同玉-14銀-同玉-15銀は 25玉 不詰

25銀-同玉-14銀-同玉-23銀は 同玉-32銀-【34玉】-44角成-同玉-55金-33玉あるいは34玉 不詰

34玉の局面
世界2014-7-2.jpg

あやかりたい↓


posted by こまおと at 22:33 | Comment(0) | 詰将棋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: